猫の爪の手入れ方法は?爪切りの基本とポイント

猫のお世話の仕方

猫の爪切りはしなくてはならないもの?

猫の爪は野生の暮らしの中では狩りや木登りを行うことで自然ととがれていきますが、家猫となると家庭に設置された爪とぎでしか爪をとぐ機会がなく、伸びすぎてしまうことがあります。

また、年をとった猫は面倒がって爪とぎをしなくなることも多いです。

伸びすぎた爪は人間で言う巻き爪となって肉球に食い込んでしまったり、カーテンやカーペットなどに引っ掛けて折れてしまったりと猫にとって危険なものとなってしまいます。

飼い主側から見ても、長すぎる爪は少し引っ掻かれただけでも傷になってしまい共に暮らしていくのに不便さを感じるもの。

こういったことを防ぐには飼い主が爪切りをしてあげるのが良いでしょう。 爪切りは飼い猫にとって必要なケアです。

猫の爪切りの仕方

まずは爪切りに使う道具を選びましょう。
カーブのついた鋏タイプ、ギロチンタイプの爪切りが一般的です。
最近では電動のやすりも販売されています。

爪切りを行うタイミングは猫がうとうとしているときやリラックスしているときが望ましいです。
足を触られるのを嫌がる猫は多いので、優しく全身を撫でながら触るようにしましょう。

肉球の部分を軽く挟むように押すと爪が出てきます。
全体的に白い爪の中に、ピンク色の部分があるのがわかるはずです。
ピンク色の部分には血液が通っていますので、この部分を切らないように注意して切ります。

猫の爪切りのポイント

猫の爪切りでやってしまいがちなのが、「嫌がるので押さえつけて切る」「爪切りの機会を少なくしようと一度にたくさん切ろうとする」ということです。

人間でも、嫌がっているところを無理やり爪切りされたら嫌になるものです。
ましてや自分より何倍も大きな体の人間に押さえつけられたら、次の爪切りはさらに嫌になってしまいますね。

また、一度にすべての爪を切ろうと思わないようにしましょう。
1本、2本でも切れればOK、という気持ちでこまめにケアしてあげることが大切です。

大切なのは猫になるべくストレスをかけないで行うということです。

爪切りをどうしても嫌がる猫への対応

どうしても嫌がって爪切りできないという場合には、動物病院やサロンでプロに爪切りをしてもらうのが良いでしょう。
自宅で行いたいという場合には洗濯ネットに猫を入れるとおとなしくなります。

洗濯ネットに入れる方法は動物病院でも行われている方法ですが、抵抗があるという方はデザインの可愛らしい猫用ネットも市販されていますのでそちらを使用するのがおすすめです。

まとめ

今回は猫の爪切りについて、その方法やコツを紹介しました。

飼い猫が快適に暮らしていくためには必須のケアである爪切り。
嫌がる猫も多いですが、愛情を持って根気よく行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました