猫の里親制度について

猫の里親制度

里親とは、親の代わりに育てる人を指す言葉で、
猫の里親とは、飼い主のいない猫を引き取る人のことです。

猫の里親になるには、飼い主のいない猫や保健所に引き取られた猫を保護している団体から譲り受けるのが一般的です。

本サイトで応援している竹ノ塚里親の会さまも、保護猫の譲渡会を開催されています。
ペットショップでお金を出して猫を買う前に、このような方法で猫を家族に迎え入れることができるのを知っていただきたいです。

ただし、保護猫を譲渡される側の方も、次の飼い主がきちんと育ててくれることを心配されています。
竹ノ塚里親の会さまも次のような里親応募資格を設けていますので、事前にご確認ください。

・里親希望の方へ

1.ペット可住宅で完全室内飼いをお願い致します。(分譲マンションは、ペット可の規約をお持ちください。)

2.家族全員の賛成の上でご応募下さい。(できればお見合は家族全員で)

3.毎年のワクチン接種や病気の際の通院など、健康管理をお願い致します。

4.引越し・結婚などの環境変化があっても終生飼養する事をお約束下さい。

5脱走防止対策をお願いしております。(ネットなどに詳しく出ておりますので参考にしてください)

6.ご自宅へのお届けをご理解下さい。

7.医療費の一部ご負担をお願い致します。

8.身分証明書の提示、写真撮影、また譲渡後の報告をお願い致します。

★学生・高齢者・独身男性・世帯収入のない方はご遠慮ください。


また、多数の猫の里親募集と地域猫活動をしておりますので、回答に日数を要することがございますが、 何卒ご容赦ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました