投稿記事上



初めて猫を飼う

完全室内で飼う

更新日:

猫の完全室内飼いについて

猫にとって室内がいいか外がいいかに関してはいろんな意見がありますが、

部屋に閉じ込めてかわいそうと思うのは人間の価値観です。

猫は元々そんなに広い範囲を歩き回る習性がありません。

安全な室内にエサ・水・トイレ・寝床が揃っていれば、

猫にとっては最高に居心地の良い場所になります。

つまり猫は室内で飼うことに向いている動物ということになります。

外で飼うことの危険

一見自由に行動出来てストレスがなさそうに感じますが、

元々猫は人に飼われている生き物で野生の猫はいません。

猫にとって外はとても危険な場所ともいえるのです。

健康・衛生面の問題

猫は雑食なので外で何を食べるか分かりません。

そのため猫を健康面で管理することが難しくなります。

またほぼノミやダニがついてしまうので、

外に出してる猫を部屋に入れたらノミやダニが増えてしまうので大変なことになります。

怪我・病気の問題

野良猫はかなりの確率で病原菌やウィルスを保有しています。

そこへ飼い猫を放してしまうと、ケンカなどがあった際に病気をうつされてしまいます。

またケンカで病院に連れて行かなければならないほどの大怪我をしてしまう場合もあります。

車だって危険です。猫は交通事故にあいやすい動物とも言えます。

トイレの問題

猫の管理の問題とも言えますが、

外へ自由に行き来させると、猫は外でトイレをします。

近所の家の敷地内でトイレをすることもあります。

近所の方々からするとこれは大変な迷惑です。

虐待を受ける可能性もあり、ご近所問題やトラブルに発展しかねません。

室内の工夫

猫が動き回れるようにと広すぎる部屋は必要ありません。

むしろ広さよりも高さ、高低差をつけてあげた方が喜びます。

うちでは階段があるので猫たちははしゃいで上り下りしてます。

ではマンションなどではどうでしょうか?

そんな時に重宝するのがキャットタワーです。

高いものだと天井までの物もあり、

支柱には麻縄が巻いてあって爪とぎにもなるものもあります。

コンパクトなキャットタワーもあるので、

猫のストレス解消に設置してみてはいかがでしょうか。

 

アドセンス336




アドセンス336




-初めて猫を飼う

Copyright© 猫の里親 , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status