投稿記事上



初めて猫を飼う

猫初心者必見!猫の飼い方

更新日:

猫のお世話の基本は、ご飯・水・トイレです。

これだけは清潔なものをしっかり用意してあげましょう。

猫は完全室内で飼うことをおすすめしています。

詳細は下の記事をご覧ください。

完全室内で飼う

猫のご飯

毎日決まった時間に決まった分量をあげるようにしましょう。

キャットフードのパッケージに分量の目安が書いてあると思いますが、

フードをすくって一度ちゃんと量って、どれくらいの分葉なのかを確認してみてください。

くれぐれもご飯のあげすぎに注意しましょう。

キャットフードはどれを選べばいいの?

たくさん種類があるので選ぶのが大変ですよね?

また高価なら良いかというとそうでもありません。

毎日のことですので出費に直結します。

自分の予算にあったものを選ぶようにしましょう。

主食はドライフード

高齢で歯が悪いなど特別な事情がない限りは、基本的にドライフードでかまいません。

いわゆるカリカリです。

よく噛むので歯石・歯周病予防によいと言われています。

保管もしやすいし、長持ちするので重宝します。

 

うちではこれが一番人気です!!

それに対して缶やレトルトパウチに入ったウェットフードがあります。

うちの子たちの場合はウェットフードの方が食いつきがよいのですが、

誕生日やイベントごとの時だけウェットフードをあげるようにしてメリハリをつけています。

猫の年齢でご飯が変わります

ドライフード・ウェットフードともに猫の年齢で成分が調整されています。

子猫用のものは育ちざかりなので脂肪分が多めになっていたり、

高齢猫用はその逆だったりします。

猫の年齢にあったものを選びましょう。

療養食もあります

腎臓が悪い、おしっこのph値が高いなど体質や体調が悪い猫の場合は、

特別なキャットフード(療養食)を用意してあげなければいけません。

獣医さんにおすすめのキャットフードを聞いておきましょう。

こだわればいくらでも高価なものがあります

人が食べれるレベルのプレミアムフードや、

自然原料だけを使った無添加のナチュラルフードなどもありますが、

うちではそこまでこだわっていません。

一般的な国産のドライフードで十分です。

ご飯の器

洗いやすく清潔なお皿を用意してあげてください。

うちではステンレス製のお皿を使っています。

床に置いて食べにくそうな子には置台をして高くしてあげると食べやすくなります。

とくに吐きやすい子や高齢の猫に有効です。

 

器を洗う時

猫は人間にとって恐ろしい感染症を持っていることがあります。

猫のご飯の器を洗う時のスポンジは人間の使う食器洗い用とは必ず別のものにしてください。

食いつきの悪い時、食欲のない時

うちでもいろんなことが原因でご飯を食べてくれないことがありました。

同じような悩みがある方は下の項目をチェックしてみてください。

器が汚れていませんか?

汚れていたら洗ってあげましょう。

猫は結構きれい好きな子がいるので気になると食べてくれません。

器は猫の体格にあっていますか?

器が小さすぎてひげが当たったり、体格に対して器が大きすぎると器の淵がのどに当たったりします。

こういう場合には食べにくくなるので、猫は食べるのをやめてしまうことがあります。

体格や体形に合った器を用意してあげましょう。

特に寒い冬の季節に

器をお湯で洗って温めてあげてください。

そこへドライフードを入れてあげるとよりフードの匂いが強く出るので、

猫が食いつきやすくなります。

ちょっとしめらせてふやかすのもよいでしょう。

ご飯が合わない

ご飯の味が嫌いだったり、ドライフードが嫌いだったりといった猫の好みで食べないこともあります。

違うフードに変えてあげたり、ウェットフードに変えてみたりと試してみてください。

それでもご飯を1日中食べなかったりした場合

何らかの病気にかかっているかもしれません。

動物病院に連れて行って診てもらいましょう。

お水

猫はキレイなお水を好む子が多いです。

お水を替えるのを待つ子もいます。

めんどうでも1日1回程度は替えてあげてください。

うちでは猫が2フロアを行き来するのですが各フロアごとにお水を用意しています。

お水の器

フィルター付きの自動循環型のものもあり、使ってみたとこがありますが、

洗ったり、フィルターを替えたりする手間がかなりかかったのでおすすめできません。

うちではご飯の器と同じステンレス製のものを使っています。

器を洗う時

ご飯の器の時にも説明しましたが、

猫の水の器を洗う時のスポンジは、人間の使う食器洗い用とは必ず別のものにしてください。

トイレについて

トイレは常にきれいにしてあげてください。

用を足したのが分かったら片付ける。

ほったらかしでトイレが汚いままだと、トイレ以外の場所で粗相をする悪循環になります。

多頭飼いをしている場合、頭数分用意してあげるとベストです。

システムトイレをおすすめします

いろんなタイプのネコトイレがありますが、

清潔でメンテナンスもしやすいことから、

ダントツでシステムトイレがおすすめです!

砂を敷く床部分がスノコ状になっているので、

細かい砂や粉がトイレの下部に全部落ちるようになっています。

そのため部屋に砂の粉である埃が舞いにくいメリットがあります。

またウンチさえ取ってあげれば常にキレイでおしっこを片づける手間が省けます。

猫の世話は毎日のことなので手間がかからないことはとても重要です。

特に多頭飼いだとありがたみがよくわかります。

うちでは花王のニャンともシリーズを使用しています。

 

おすすめシステムトイレ

システムトイレの使い方

ウンチをしたらビニール袋で取って片付けてください。

2~3日に一度、おしっこのシートを替えてあげてください。

砂は1匹なら1か月程度はもちます。

1か月たったら砂を全部交換してください。

その際にトイレ自体をお風呂場などで丸洗いしてあげるとよいでしょう。

砂は専用のものを

システムトイレ専用の砂を使ってください。

ヒノキ粒でできていて香りもよいです。

粒は表面がおしっこをはじくようになっています。

おしっこを吸い取って固まる通常の砂ではシステムトイレの意味がありません。

 

消耗品なのでまとめての購入がお得です!!

シートは犬用ペットシーツでOK

シートはシステムトイレ専用のものがありますが、

高価でしかも片付けにくいので、犬用のペットシートを使います。

香り付きだとおしっこの匂いが多少緩和されます。

購入の際はサイズにお気をつけください。

レギュラー(44×32)だとトイレにぴったり合います。

 

アドセンス336




アドセンス336




-初めて猫を飼う

Copyright© 猫の里親 , 2018 All Rights Reserved.

pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status